SAINT MEDIAシステムインテグレーション事業部 
システムソリューション部

スタートアップメンバー
システムエンジニア募集!!Wanted for startup members!

当社の魅力

ベンチャースピリットを
持ち続ける企業Believe in Your Possibility

株式会社セントメディアは東証一部上場「株式会社ウィルグループ」の中核事業会社です。1997年の設立以来、毎年新たな事業を立ち上げ、成長を続けてきました。

その根幹にあるのは、常に挑戦を続ける姿勢です。どんなに苦しい状況にあろうとも常に前を向き、自分の可能性を信じて仲間の可能性を信じて歩む。「Believe in Your Possibility −可能性を信じる−」のスピリットは、どんなに会社が成長しても希薄になることはありません。それどころか私たちは一人ひとりの可能性こそが会社の根幹となり、推進力となると信じています。これまでも、いまこの瞬間も、そして未来においても私たちの心に生きつづける大切なVALUE(価値観)です。

ウィルグループは国内だけでなく、シンガポール、マレーシアなど、アジアを中心に海外にも子会社を設置し、事業を展開しています。こうした強固な地盤とベンチャースピリットを併せ持つ企業として、未来をポジティブに変えていきます。


  • 入社後の成長をしっかりサポート

    抜群の研修・教育体制は当事業部の最大の自慢です。入社後は最長1ヶ月にわたる自社研修・社外研修・e‒learningを行い、業務に必要な技術やビジネススキルの習得をサポート。エンジニアとしてはもちろん、社会人としてもしっかり育てていきます。

  • 自ら事業を立ち上げるチャンスも

    当社では、新事業の提案やマネジメントはもちろん、評価制度の新設・改良といった社内の制度設計にも、エンジニアの意見を積極的に採用しています。こんなことが実現できるのは、個々の事業部が大きな裁量を任せられているから。システムインテグレーション事業部も予算から採用に至るまで幅広い決裁権を持っているため、個人の希望が実現する可能性が高いのが魅力です。実際、開発部門に先立ってスタートしていたインフラ部門には、「自分のやりたいことを形にしたい」という理由で転職してきた先輩エンジニアがたくさんいます。

募集背景

当事業部の前身は、インフラの専門部隊として2014年に立ち上がったネットワークエンジン事業部です。お客様に高い評価をいただき、設立以来3期連続で成長率200%と、目覚ましい躍進を遂げてきました。そして2017年4月、システムインテグレーション事業部と名称を改めて規模を拡大し、より多くのお客様のニーズにお応えするための開発部門をスタートすることになりました。

今回は開発部門の第1期メンバーとなるエンジニアを募集します。

募集要項

部門
システムインテグレーション事業部 システムソリューション部 開発部門
※スターティングメンバーとして
職種
【正社員】アプリケーション開発エンジニア/システムエンジニア/プログラマー
どんな仕事?
通信、金融(銀行・証券・保険)、鉄道、航空、eコマースなど、さまざまな業界の案件を任されている当社。
正式に開発部門がスタートするのは4月ですが、過去にインフラ部門で積み上げた実績から、
すでに多数の開発案件が進行しています。あなたのスキル・経験、希望に合わせて、プロジェクト配属いたします。
上流工程にチャレンジするも良し、マネージャーを目指すも良し、新規事業を立案するも良し。
経験の浅い方は、チーム配属、研修・教育体制も充実しスキルアップできる環境は整っていますのでご安心ください。
あなたの将来の選択肢を増やしていけるよう、当社も万全の体制でお迎えします。
どんな案件がある?
大規模な案件が多いことが特徴で、例えば以下のようなものがあげられます。
 
◆宇宙システム開発
(Java/JSP/HTML/Javascript/Ajax/C#.NET)
◆金融機関向け基幹システム設計開発
(IIS/SQL Server/ASP.NET/C#)
◆鉄道会社向け発券・運行システム開発
(Java/SAStruts/Seasar2/Oracle)
◆保険会社向け分析システム開発
(Java/Ajax/JSF/Spring)
◆自動車生産ライン制御システム開発
(PHP/Apache/MySQL/PEAR/Smarty/C++)
 
これらは案件例のごく一部。実際は、1,400を超える取引先から多彩な案件をお任せいただいています。
案件ありきの採用ではなく、まずはあなたのスキルや志向に合った案件から関わっていただきます。
この仕事の魅力は?
◆現場のエンジニアの希望が実現しやすい
決裁権が事業部にあるので、エンジニアの発案でラボを新設した事例や、
入社1ヶ月のエンジニアがマネジメントを務めた事例も。希望をしっかり吸い上げて実現します。
 
◆組織の成長がスキルアップを加速
当事業部の成長率は3期連続で200%。組織の成長スピードを実感できる環境で、
常に新しい情報、案件に触れながら、自分もスキルアップしていけます。
入社後の成長サポートは?
入社直後に自社研修・社外研修・e‒learningを行い、実務に必要な知識をフォロー。
プロジェクトに参加いただく際にも、現状維持ではなく、将来のキャリア形成を見据えた業務をお任せします。
このほか、個々人のスキルを踏まえて、適宜柔軟なサポートを行います。
歓迎する職歴・スキル
◆高卒以上
◆Web系、オープン系開発経験(年数不問)
※言語、OS、ツールは問いません。
 
採用担当者より
上のように書きましたが、経験の浅い方、スキルに自信のない方も大歓迎です。
事業部長はこの道20年超のベテランで、システムインテグレーション事業部の前身であるネットワークエンジン
事業部を立ち上げた張本人。その最大のこだわりは、いかに部下を成長させるかということです。
また、システムソリューション部の部長もSE出身で、エンジニアの気持ちのわかる男です。
安心して成長できる環境です。
入社後の想定給与
月給30~70万円+賞与年2回
※経験・スキルを考慮のうえ決定いたします。
※固定残業代45時間分 79,000〜183,000円含む 時間超過分は追加支給。
※試用期間2~6カ月
 
≪給与アップのイメージ≫
前職年収250万円 ⇒ 450万円(賞与年2回)  【27歳・経験3年】
前職年収450万円 ⇒ 610万円(賞与年2回)  【30歳・経験5年】
※前職でスキルと給与が見合わなかった方、雇用形態に不満を抱えていた方などを、正当に評価いたします。
※インフラ部門の募集では、中途入社したエンジニアの95%が給与アップを実現しました。
勤務地
本社/東京都新宿区新宿三丁目1番24号 京王新宿三丁目ビル3階
(各線「新宿三丁目駅」より直結、各線「新宿駅」より徒歩7分)
 
※プロジェクトにより異なります。
勤務時間
9:00~18:00(実働8時間)
 
※プロジェクトにより異なります。
 
≪残業について≫
残業は月平均7.7時間程度(2016年平均実績)。常に生産性向上を意識しているため、
長時間労働を評価する文化ではありせん。
休日休暇
年間休日125日
 
完全週休2日制(土・日)/祝日 /GW休暇 /夏期休暇 /年末年始休暇 /年次有給休暇 /慶弔休暇 /リフレッシュ休暇(年間9日間の休日を取得可能) /ピットイン休暇 /誕生日休暇 /配偶者誕生日休暇 /行事参加休暇 /出産・育児休暇 /出産立ち会い休暇 /介護休暇
社員教育
社会人基礎力養成講座/ビジネスマナーと仕事の進め方/コミュニケーション会話の技術/コーチング・聴く技術信頼関係を深める/メンタルヘルスとストレスマネジメント/人間関係の技術・苦手を作らない技術/管理の基本PDCAマネジメント/基礎からわかるプロジェクトマネジメント/論理思考、ロジカルシンキング 入門・応用編/すっきりまとまる図解思考 入門編・応用編/体感型リーダーシップとマネジメント/中堅社員の役割と実務/管理職の役割と意識改革/部下を育てる面談力養成講座/経営幹部研修 など多数

今後のキャリアプラン

  • ゼネラリスト型Plan.01

    10~20名ほどのグループを管理するリーダーから、
    100名ほどのプロジェクトを管理するマネージャーへと進む道。

  • スペシャリスト型Plan.02

    特定の技術・領域を極めていく道。エンジニアとしての専門性を極める道。

  • 営業・コンサルティング型Plan.03

    エンジニアとしての技術・専門性を活かして、
    顧客に対してコンサルティングや営業支援を行う道。

  • 経営、社内マネジメント型Plan.04

    事業部全体を見ながら、事業部の発展に向けて
    経営管理・事業部運営を行う道。

応募に関して

  • STEP.01

    Web応募書類による
    書類選考

  • STEP.02

    1次選考
    (適正検査、面接)

  • STEP.03

    最終面接

  • 内定

採用担当者から一言

2014年に設立したシステムインテグレーション事業部(旧・ネットワークエンジン事業部)は現在4期目。
ウィルグループは「2020年に売上1,000億円」という目標の達成を目指し、さらに成長を加速させているところです。
東証一部上場という安定基盤を有する企業の事業部でありながら、組織がどんどん大きくなっていく実感を得られることが、
当事業部ならではの特長だと思います。ぜひ、私たちと一緒に働きませんか?